サイト内検索  

ホームページ・ビルダー本体のアクセシビリティチェック機能(使い方)

このページでは、ホームページ・ビルダー本体が持っているアクセシビリティチェック機能について説明します。

HTMLレベルでのチェックになります。
配色をはじめとした見栄えに関する問題まではチェックしませんので、チェックが必要な場合は、aDesignerを使ってチェックします。

使い方

個々のファイルでチェックする場合

メニューのツール → アクセシビリティチェック → チェック

チェック結果を確認、修正


図1:アクセシビリティチェックの結果

個々のチェック結果を選択すると、下に修正用の入力ボックスが出てきます。


図2:TITLEタグに対する修正

入力ボックスに必要なテキストを入力すると、その結果がHTMLソースにも反映されます。

サイト単位でチェックする場合

メニューのツール → まるごとチェック でサイトを選択し、アクセシビリティにチェックを入れます。その後開始ボタンをクリックします。


図3:サイトのまるごとチェック画面

しばらくすると、サイト内の全ページのチェック結果が表示されます。


図4:まるごとチェックの結果画面

*がついているファイルは何らかの問題があるという意味です。どこに問題があるかは、ファイルごとにもう一度チェックしないとわからないのです。

個別のファイルを参照するときは、ファイルを選択して、「ファイルを開く」をクリックします。

その後は、個別のファイルをチェックして修正するのと同じ手順になります。

デフォルトのチェック項目

チェック項目の変更

メニューのツール → アクセシビリティチェック → 設定とすると、次のような画面が出てきます。


図5:アクセシビリティチェックの設定変更画面

チェックを入れることで、その項目をアクセシビリティチェック時にチェックすることが可能です。

デフォルトの設定ではリンクが張られていない画像に対する代替テキスト(alt)の有無をチェックしないようになっているので、チェックするように変更して下さい。

個々のチェック項目についての解説を見る