サイト内検索  

怪しい機能には要注意
番外編:ロゴ作成機能

なぜ問題となるのですか?

ロゴを作成する場合、ロゴ作成ボタンをクリックして、文字を入れて、効果を選択して……とすると、文字が画像となって出てきます。

背景を設定せずにロゴを作成すると、透過GIF画像となるのです。

ホームページ・ビルダー本体のロゴ作成機能で作ったロゴ

透過GIFとなるので、Webページの背景色が何らかの理由で変わると、配色的に読みづらくなることがあります。このロゴとの組み合わせだと、Webページの背景色が赤系統になると、文字を読むのが辛くなります。

なお、ロゴ作成画面で背景を設定した場合は、今回の問題は起こりません。

どうすればいいですか?

製品版を使っていれば、ウェブアートデザイナーというツールが使えます。お絵かきをする機能は当然のことながら、ロゴを作成する機能もついています。

メニューのツール → ウェブアートデザイナーの起動 で、ウェブアートデザイナーを起動します。

ロゴ作成ボタンをクリックすると、ロゴを作成するためのウィザードが出てきます。

無事にロゴが作成できたら、Web用保存ウィザードで保存します。ファイルサイズを軽くするためにはGIF形式を選ぶと良いでしょう。

このときに、プロパティの部分で「透明化」のチェックを外します。そうすると指定した背景色が、ロゴの文字に対する背景色として指定されます。

ウェブアートデザイナーで作ったロゴ

背景を透過しなかった場合、Webページの背景色が変わっても、ロゴ部分の背景色は変わりません。したがって、ロゴの文字が読みづらくなると言うこともありません。