コラム

新・「斬・Webオーサリングソフト」

Webサイトを作成する際に、お世話になる方も多いであろうWebオーサリングソフト。私もお世話になっています。
従来、これらのソフトが吐き出すHTMLソースは、とんでもないモノが多いということで、使用すること自体がまずいとか言われてきたものです。
しかし、性能も向上したことですし、インストール後のデフォルト状態でどれだけまともなソースを吐き出すかを検証してみましょう。

検証対象となったソフト

今回、この企画の餌食、もとい対象となったソフトは以下のとおりです。Windows環境で動作&有料のソフトです。

  1. ホームページ・ビルダー7
  2. DreamweaverMX
  3. Golive6
  4. FrontPage2002

各ソフトに共通する点は、以下のようになります。

  • WYSIWYG画面とHTMLソースが同時に閲覧できる
  • 他のソフトで作成したHTMLでも読み込みが可能
各ソフトの情報
ソフト名 メーカー 通常版価格
ホームページ・ビルダー7 日本IBM 14,800円
DreamweaverMX Macromedia 48,000円
Golive6 Adobe 24,800円
FrontPage2002 Microsoft オープンプライス(実売19,800円)

前のページへ戻る


文責:FUMING(fuming@hpbuilder.net)