サイト内検索  

各バージョンごとの変遷

V7以降の各バージョンごとの変遷を記しておきます。

7で新規追加になった主な機能(2002年12月リリース)

編集スタイルの多様化がもっとも大きな変更点です。ページ編集とHTMLソースの同時表示ができるようになったのが私的には一番うれしかった機能です。

V8で新規追加になった主な機能(2003年11月リリース)

個人的には怪しい機能が増えただけという印象がぬぐえません。当然アップグレード版を購入したのですけど、今となっては7からアップグレードの価値は見出せません。

V9で新規追加になった主な機能(2004年11月リリース)

個人的には微妙なところです。よくなった部分と悪くなった部分が半々ぐらいです。7以降のユーザがアップグレードする場合、UTF-8を使うかどうかになるかと思います。

V10で追加になった主な機能(2005年12月リリース)

V10へのアップグレードはXHTML文書を作るかどうかでしょうね。

V11で追加になった主な機能(2006年12月リリース)

追加機能だけではなく、強化されている機能も多々あります。Ver.upするかはまずは体験版を触ってからの方がよいかと思います。

V12で追加になった主な機能(2007年12月リリース)

V11から見た場合、あまり大きな変化はないです。一番の変更点である「ホームページ・ビルダー・クイック」が「かんたんページ作成」と同じ欠点を持っている以上、当サイトでは推奨しません。

V10以前のユーザなら、通常のアップグレード版でアップグレードしてもよいかと思います。V10以前からのアップグレードの場合は、「優待アップグレード版」は使えませんので、購入時には要注意!

V13で追加になった主な機能(2008年12月リリース)

V14(2009年12月リリース)

V15(2010年12月リリース)

V16(2011年10月リリース)の主な機能

画面デザインが大幅に変わっているので、慣れている人は逆に戸惑うかも。
フルCSSテンプレートで実際にサイトを作る人でも、一度はこのサイトでHTMLとCSSの基礎を抑えましょう。